BLOGS

オーストラリアで効果的にインターネット広告を運用する方法

By SCP編集部 in オーストラリアプロモーション/マーケティング, オーストラリア基本情報

毎年更新し続ける訪日外国人数に比例して、日本でのインバウンド熱も高まっています。訪日者数の大きな割合を占めるアジア圏へのインバウンド事業は盛んですが、毎年訪日者数が伸びているオーストラリアにも、インバウンド事業者の注目が集まりつつあります。その理由は、オーストラリア人の旅行傾向である「長期滞在」と「旅行消費額が大きい」ことからです。

そのため、オーストラリア人をさらに訪日させるべくインバウンド事業者はさまざまなプロモーションを考案し、展開しています。そのひとつは、インターネット広告です。

オーストラリアも日本と同じく、効果的にインターネット広告を運用することで結果の出るプロモーションを実施できます。

一般的に、インターネット広告はリスティング広告(検索連動型広告)純広告アドネットワーク(DSP)アフィリエイト広告ネイティブ広告SNS広告動画広告メール広告を指しますが、オーストラリアで特に効果が高い広告は、純広告SNS広告(Facebook広告)ですこれは、オーストラリアに拠点を置くサザンクロス・プロモーションズが、今までに手がけてきた広告の運営・出稿の経験から分析した結果です。

また、オーストラリアには独自の表現方法が存在し、文化や流行等が異なることから表現方法のみならずコンテンツ、写真選定といった広告に欠かせない要素が日本とは大きく異なります。さらに、税金の課税の仕組みも違うため、これらを理解してインターネット広告を活用することが、成功への鍵となります。

他のプロモーション同様、インターネット広告もオーストラリア現地に即した内容で取り扱わない場合、想定した結果を得ることが難しくなりますが、日本とオーストラリアでのインターネット広告の違いを明確にすることで、より確実にサービスや商品をターゲットに届けることができます。

本記事では、オーストラリアでのインターネット広告に関する基本的な情報から効果的な運用方法まで、まとめて紹介いたします。

オーストラリア国内でのインターネット広告の需要と割合

 

シカゴを本拠地に、シドニーや東京にも支店を置くデジタルマーケティング会社のシグナル(SIGNAL)では、2015年のネットユーザー1人当たりのインターネット広告に費やす金額は271USドルで、オーストラリアが世界第1位と発表しています。

これは、オーストラリア人がSNSやインターネットに接触している時間が長く、アクティブなユーザーであると言う事実にも関連付けることができます。

参照元:https://www.signal.co/resources/australian-digital-ad-spend-trends

オーストラリア国内におけるインターネット広告のシェア

オーストラリアのメルボルンにウェブデザイン会社を構えるウェブアライブ(WebAlive)によると、2018年のインターネット広告市場は約37.9億USドルでした。

以下、内訳です。
リスティング広告(検索連動型広告)約18.5億
純広告 約6.2億
SNS広告 約5.9億
動画広告 約5億
クラシファイド広告 約2.2億
※単位:USドル

また、ウェブアライブの統計予測では、2022年にはオーストラリアの全体的なインターネット広告市場がさらに拡大するとの見込みを立てています。結果が出るまでに数年かかるインバウンド事業は、今まさにプロモーション施策を実施する絶好の機会と言えるでしょう。

参照元:https://www.webalive.com.au/online-advertising-trends-australia

インターネット広告に対するオーストラリア人の傾向

しかし、上述したデジタルマーケティング会社のシグナル(SIGNAL)では、インターネット広告をブロックするアプリケーションを使用しているオーストラリア人は増加傾向にあり、インターネット広告をブロックしているユーザーは2013年から81%増加していると述べています。

また、1ヶ月間にインターネット広告を見なかったオーストラリア人数は、全体の5人に1人の割合。クリック型のインターネット広告も世界で一番内向的との結果があり、多くのオーストラリア人は、従来のインターネット広告に対して嫌悪感を抱いているようです。

反面、約半数のオーストラリア人(49%)は、インターネットショッピングなどのオンライン取引の際にオンラインバンキングを使用しており、タブレット端末やスマートフォンでのオンライン決済は増加傾向にあります。

さらに、82%のオーストラリア人は自分に合ったオンライン広告は好んでいるとの結果も提示しています。

以上から、計画的にリサーチとアプローチをすることで、インターネット広告はターゲット層の興味、関心を惹きつけ、売り上げの貢献につながっていると言えます。

参照元:https://www.signal.co/resources/australian-digital-ad-spend-trends/

発展し続けるソーシャルネットワーク市場

世界規模で展開している統計解析会社スタティスタ(statista)による、オーストラリア国内における2019年のSNS広告の利益率を表した統計では、全体で約15.88億USドルの価値がありました。(2019年4月3日の為替レート)

中でも特筆すべきは、携帯やスマートフォンからのアクセスの利益が全体の2/3を占めており、パソコンよりも多いということです。統計によると、SNSを使った利益率は年々増加傾向にあります。

オーストラリアの人口は2,499万人(豪州統計局2018年6月調べ)。これは日本の人口の約1/5ですが、SNSの市場は発展し続けており、SNS上のインターネット広告の収益は現在、オーストラリアは11位、日本は12位にランクインしています。

参照元:https://www.statista.com/outlook/220/100/social-media-advertising/worldwide

オーストラリアと日本のインターネット広告の違い

英語圏の先進国であるオーストラリアは、昔から難民受け入れが多く、留学生や移民などが混在する多民族国家です。そのため、オーストラリアと一様に言っても、多様な文化が存在します。

そこで、広告を出す際に留意すべき点は、どのターゲット層に向けた広告なのか、インターネット広告は常に多様性をもった国民の目に留まるのかということです。

それは、オーストラリアは英語が公用語のため、国民のほとんどが流暢な英語を話しますが、家庭内では他の言語を使用するなど2か国語を話す人たちも大勢いるからです。

参照元:https://profile.id.com.au/australia/language

オーストラリアの統計リサーチ会社(id the population experts)が2016年に実施した調査によると、全人口の約480万人が家庭内で英語の他に第2言語を話すと述べています。1位が中国語(約62万人)、続いてアラビア語(約35万人)、そして広東語やベトナム語、イタリア語(各約30万人)となり、その他にもドイツ語やタガログ語、ヒンディー語、スペイン語なども話されています。

また、オーストラリアの英語は、Australian Englishと呼ばれるほど独創性があり、イギリス英語と似ていますがアクセントやスペルが違ったり、アメリカ英語と単語の使い方が異なったりします。さらに、オージースラングやオーストラリア人独特の表現方法などもあります。

例)
・Arvo(afternoon) 午後
・Roo (kangaroo)カンガルー
・Breakie(breakfast)朝食
・Sweet as(sweet,awsome)すごく良い

他にもさまざまなオーストラリア独特の言葉がありますが、オーストラリア人の傾向は英単語のスペルを短くしたり、強調したりするものです。

このように一般的な英語だけではないオーストラリアでのプロモーションには、広告内で使用する言葉の選択が要となります。

文化や流行を踏まえたコンテンツや写真選定

さらに、インターネット広告での成功を手にするには、オーストラリアの背景にある異文化を理解することも重要です。

例えば、私たち日本人にとってごく日常的な自動販売機や24時間営業の居酒屋などは、オーストラリアではめったに見かけません。逆にオーストラリアでは、ビーガニズムと言う絶対採食主義や、女性の社会的地位の確立に対して非常に敏感な人々が多数います。

また、同じくオーストラリア人でも中国をバックグラウンドに持つ人や外国からの移民も数多く暮らしているため、人々の意見や考え方も多様です。例えば、2017年にUltra Turnという自動車のメンテナンス会社がYouTube上に載せたビデオ広告では、「女性の人権に対しての考慮がまったくない」といった女性保護に関する300件以上の酷評が寄せられました。

コンテンツや画像を選定するときは、特にオーストラリアの流行や国民性に関して正しい知識と理解が必要です。

参照元:https://www.news.com.au/national/victoria/most-controversial-advertisements-in-australia-revealed/news-story/7864c85467eab8f1930eb149458d8d47

日本とオーストラリアの課税の違い

オーストラリア国内の消費税、Goods and Services TAX(以下GST)の税率は取引価格の10%です。

年間の売上高が7万5,000AUドル以上の事業者はGSTへの登録が義務付けられています(※7万5,000AUドル未満の事業者のGST登録は任意)。GST事業者登録は、1度登録すると1年間取り消しができません。また、本登録をするにはオーストラリア事業者番号(Australian Business Number)の取得が必須となります。

GSTは、広告に課金されるたびに課税されます。例えば、SNS内での広告を運用し、100AUドルの請求単位額に達したため、広告料金100AUドルを支払う際に税率10%も一緒に支払います。計算は、100AUドル+10AUドル=110AUドルとなります。

日本でも現在はリバースチャージ方式が導入されているため、課税売上割合が95%未満の場合は国に税金を支払います。これは、国内事業者が国外事業者のインターネット広告(Facebook広告やIndeedなど)を使うと、消費税が国内の会社に課税されるシステムです。しかし、日本国内に向けた広告に限ります。

課税に関してまとめると、

  • オーストラリア国内でインターネット広告を実施する = オーストラリア国内の消費税(GST)が課税される
  • 日本国内で海外のインターネット広告を実施する = 日本のリバースチャージ方式が適用され日本の税を支払う

となります。

サザンクロス・プロモーションズが勧めるオーストラリアで最も影響力のある広告のタイプ

サザンクロス・プロモーションズは、オーストラリアでの長年に渡るマーケティングの経験と知識から、影響力が強く有効性のある広告のタイプをお伝えします。

リスティング広告(検索連動型広告)

リスティング広告とは、主に検索エンジンでキーワードを検索した時に連動して表示される広告のこと。日本では、Google広告やYahoo!プロモーション広告が有名です。ユーザーが、そのワードに対して強い関心を示している時に表示されるため、高い効果が見込まれます。

オーストラリアでは、ユーザーはもちろんのこと、検索結果や広告表示がすべて英語です。それらに適したリスティング広告を考える必要があります。

リスティング広告の特徴的なメリットは、特定のユーザーへのリーチを他の広告よりも実現させやすいこと、オーストラリアにおける見込み客への定期的なアプローチが可能という点です。

純広告

純広告は、一般的にバナー広告やディスプレイ広告の総称を指します。純広告では主にブランディング戦略を駆使し、潜在顧客を絞ってターゲット層へ情報を発信することに適しています。

サザンクロス・プロモーションズが配信するG’Day Japan!への広告掲載は、純広告の一例です。G’Day Japan!は、オーストラリア人をターゲットに日本の情報を発信し、多数のオーストラリア人から定評を得ているメディアのため、インバウンド事業にとてもマッチしたプロモーションとなります。

SNS広告(Facebook広告)

前述したように、オーストラリアのSNS市場は年々増加傾向にあり、ソーシャルネットワークは、オーストラリア国民の人と人とをつなぐ重要なツールになっています。

そうした背景を元に、さまざまなタイプのオンライン広告を手がけてきた実績から、Facebook広告の運用が、一番効率的かつ人々に多大な影響を与えることができると判明しました。

また、Facebook広告がおすすめの理由には、広告運用の多様性と、オーストラリアではアクティブユーザー数が他のSNSよりも多いことが挙げられます。

インターネット広告の成功例

スバルAustraliaは、Facebook広告を中心としたインターネット広告を展開しました。

スバルが主に利用したのは、ビデオ広告とリード獲得広告です。どちらも成功を収め、その結果12%のリードを獲得し、全体的なスバルの知名度や人気度の向上に貢献しました。

具体的な内容として、ビデオ広告では、若年層にヒットするコンテンツに仕立てて見込み顧客からの関心を引き寄せ、リード獲得広告では、新規のお客様に対してストレスを感じさせない記入フォームの簡略化で幅広い層からサイトへのアクセスを確立させました。

https://www.facebook.com/business/success/subaru-australia

サザンクロス・プロモーションズのサービス

最後に、サザンクロス・プロモーションズのインバウンド事業におけるサービスを簡単にご紹介します。

広告出稿・運営・レポート

サザンクロス・プロモーションズでは広告の出稿はもちろん、インターネット広告の運営や結果のレポートなどを提供しています。広告の出稿と運営は、オーストラリアに関する豊富な知識と広告業界で長年培ってきた経験を持つメディアチームが、お客様のプランに沿って円滑にインターネット広告を含む広告プロモーションを推進します。

バイリンガルによるキャッチコピーや説明文の制作

日本とオーストラリアのハーフで、両国の在住経験から双方の文化などに熟知したバイリンガルスタッフが文章を手がけます。キャッチコピーは、ターゲット層に提示したい情報を簡潔かつ明確に伝える重要な役割を担うため、日本とオーストラリアの架け橋となるキャッチコピー制作もバイリンガルスタッフが担当します。

https://www.scpromo.com.au/work/work-3282

ランディングページの制作

インターネット上の翻訳機能を使って制作した英語のウェブサイトは、本来伝えたい趣旨の内容が伝わらない可能性や、違う意味としてユーザーに伝わり混乱を招く恐れなどがあります。また、ネイティブは、翻訳機能を使用した英語はすぐに分かるため、プロモーションどころか逆にマイナスのイメージを植え付けてしまいます。さらに、オーストラリア人が注目するサイトコンテンツは、日本とは異なるストーリーが必要です。

こうしたことから、オーストラリアに熟知したサザンクロス・プロモーションズではランディングページの企画段階から一緒に進めていき、ネイティブによる文章作成、ページ制作まで一貫して承っています。

インターネット広告のデザイン制作

最新のVisual Design、UX/UIの幅広い知識と経験を兼ね備えたウェブデザイナーによるサイトの設計、新たなインターネット広告戦略のアイデア、ターゲット層の分析を手がけています。また、プロモーションの結果をまとめた報告書も提出いたします。

リスティング広告のキーワード抽出

効率よくリスティング広告を運用するために欠かせないことは、キーワード抽出。ユーザーがどのようなワードをブラウザ上で検索しているかを調べることです。

オーストラリア独特のワードがあるがゆえ、検索結果が日本と同じということはめったにありません。長年インバウンド事業に携わってきた経験から、お客様のサービスに関する効果的な英語のキーワードを割り出します。

G’Day Japan!のデータベース

サザンクロス・プロモーションズが手掛けるG’Day Japan!は、オーストラリア人向けに日本のさまざまな情報を発信するニュースマガジンウェブサイトです。

日本の旅行関係、食べ物、文化やテクノロジー、POPの情報をいち早く発信しています。現在の会員数は41,000人を超え、その数は増加傾向です。G’Day Japan!のウェブサイトにバナー広告を掲載することで、より効果的に、ユーザーをお客様の事業へと誘導します。

  • 会員数41,000人
  • ニュースレター会員数30,000人
  • Facebook 数18,500

※2019年3月時点
https://www.gdayjapan.com.au

まとめ

インターネット広告は革新的で画期的な広告方法であると共に、正しい知識と経験がモノを言う手法です。乏しい知識と経験では、求めるターゲット層へのリーチはおろか、無駄なコストまでかかることも往々にしてあります。

そのため、オーストラリアマーケットに熟知しており、オーストラリアにおいて幅広いコネクションを持つサザンクロス・プロモーションズならではのインターネット広告戦略をお客様にご提案しています。

Google広告からFacebook広告、G’Day Japan!への広告掲載、もしくはその他のメディアなど、オーストラリア国内でのインターネット広告の運用にご興味がある方は、ぜひ一度サザンクロス・プロモーションズにお問い合わせください。

 

この記事を書いた人: 西脇 聖晃
神奈川県出身。シドニー工科大学にて広報学を専攻中の大学2年生。趣味はブレイクダンスとカフェ巡りでシドニーの地元のダンスクルーに所属中。

まずはお問い合わせください!

オーストラリア国内にて様々なマーケティング分野で仕事経験を積み上げてきた私たちが、日豪の文化・市場の特性を理解した現地に密着しているからできる効果的なプロモーションを提供いたします。
シドニーを拠点に、東京でのサポートもさせていただいております。
お気軽にご相談ください。

SNS

関連する記事

コメントを残す