BLOGS

オーストラリアの基本情報まとめ

By SCP編集部 in オーストラリア基本情報

雄大な大地とその豊かさを物語る動植物
独特の風習を持つ原住民と神秘的なエアーズ・ロック
どこまでも続く蒼い海
教科書に載っていた真夏のサンタクロース
エトセトラ……。

オーストラリアという国に対して、まず最初に思い浮かぶのは、どんなイメージでしょうか?

世界的なスポーツの祭典で、オーストラリアはオセアニアなのにアジアリーグに入っていたり、日本からの渡航時間は長いのに時差はほとんどなかったり、日本とは近いようで基本的な情報がよくわからないオーストラリア。そんな印象を抱く人も少なくないと思います。

日本とオーストラリアの歴史は長く、今やインバウンド・アウトバウンド共に人気を加速させる国同士、観光業において深いつながりがあります

また、ビジネスの分野でも日本とオーストラリアは互いに主要貿易相手国であり、石炭・石油・天然ガスなどが豊富な資源大国オーストラリアからは多くの天然資源が輸出されています。その輸出額が3兆円を超えている一方で、日本からも自動車や機械製品などを多く輸出しており、今後も重要な相手国として成長していくことが予測できます

また、観光と貿易以外にも、文化や人的交流の面で日本と深いつながりを持ち、オーストラリア現地の人々が抱く日本のイメージは、「伝統と文化の香り高い国」や「経済力と先進テクノロジーの国」とのこと。

そうしたイメージ通りの伝統文化や食、高品質な日本製品だけでなく、近年のオーストラリアでは日本のポップカルチャーも若者を中心として人気を博しています。さらに、109に及ぶ姉妹都市・友好都市の関係が築かれており、姉妹校提携も650校にも上ります。こうした交友関係を通じて、スポーツや教育などの分野でも今後ますますの日豪交流が期待されています

オーストラリアには、日本の約20倍の国土の中にさまざまな魅力が詰まっています。2017年には、26年間続く経済成長の世界最長記録を自己更新。多くのビジネスチャンスを秘める市場として、日本のみならず世界中から注目が集まっています。

そんなオーストラリアへの進出を考える際に、発展し続けるオーストラリアがどのような社会を形成しているか、現地の人々がどのようなことに興味を持っているのか、本当に基本的な情報からディープな情報まで基本的な情報を以下にまとめました。皆さまのご参考になれば幸いです。

 

オーストラリアの概要基本情報

出典:旅のとも Zen Tech 

首都:キャンベラ
人口:約2,480万人(2018年2月、出典:豪州統計局)
面積:約769万2000㎢
宗教:キリスト教(61%)、無宗教(22%)、仏教、イスラム教、ヒンドゥー教、ユダヤ教(出典:2011年国勢調査)
民族:イングランド人(36.1%)、オーストラリア人(33.5%)、アイルランド人(9.3%)、中国人(5.6%)、イタリア人(4.6%)、ドイツ人(4.5%)
通貨:オーストラリアドル(AU$)

オーストラリアの基本情報① 国旗

出典:オーストラリア首相官邸部

一般公募デザインの中から選ばれ、1903年2月に生まれたオーストラリアの国旗。オーストラリア国旗左上のユニオン・ジャックはイギリスとの歴史的なつながりを、国旗右半分はオーストラリアが南半球に位置することを示す南十字星を、ユニオン・ジャック下の大きな星は連邦を表す七稜星が描かれています。

オーストラリアの基本情報② 季節・気候

オーストラリアは南半球に位置し、四季は日本と真逆になります。

出典:オーストラリア政府観光局公式サイト

:9~11月/:12~2月/:3~5月/:6~8月

1年を通して穏やかな気候ですが、オーストラリア国土まるまる大陸で広大なため、地域によって気温も気候もさまざま。熱帯性気候の北部は冬でも暖かく、温帯の南部や砂漠性気候の内陸部は夜になると気温が下がる、といった特徴を持ちます。

オーストラリアの基本情報③ オーストラリア各州と主要都市

オーストラリアは6つの州と2つの特別区に分かれています。人口や気候、文化も違い、個性あふれる独自の魅力があります。

オーストラリアの6つの州

クイーンズランド州(QLD)

出典:観光とイベントクイーンズランド州

州都:ブリスベン
人口:約480万人

オーストラリア北東部に位置するクオーンズランド州は、オーストラリアで2番目の面積を誇ります。さらに州都ブリスベンはシドニーとメルボルンに続くオーストラリア第3の都市。同州は地方への分散化が進んでおり、他の州に比べて州都への人口集中が比較的少なくなっています。

マリンスポーツが有名で、全長2600km以上ある世界最大のサンゴ礁であるグレート・バリア・リーフや、ゴールドコーストのサーファーズ・パラダイスなどに多くの人が訪れます。美しい海と強い陽ざしに恵まれており、別名「サンシャイン・ステート」とも呼ばれています。

ニュー・サウス・ウェールズ州(NSW)

出典:行き先NSW州の公式観光サイト「 Sydney.com

州都:シドニー
人口:約770万人

オーストラリア南東部に位置し、国内の3分の1の人口を擁する州。州都のシドニーは、オーストラリアの玄関口として各種産業が盛んで、ビジネスが展開される経済の中心部として発展しています。特にサービス業が盛んで、オーストラリア全体のサービス業の収益、約33%をニュー・サウス・ウェールズ州が占めています。

夏には海水浴やマリンスポーツ、冬にはスキーが体験できる他、シドニー郊外には世界遺産やワイナリーなどがあり、オーストラリアの中でも多種多様な特色を持ちます。またニュー・サウス・ウェールズ州の中でもシドニーは、ヨーロッパからの移民がオーストラリアで初めて入植した街であり、シドニーには歴史的な建物がさまざまな場所に数多くの残っています。

ビクトリア州(VIC)

出典:Visitvictoria.com

州都:メルボルン
人口:約600万人

オーストラリア東南部に位置し、国土全体に占める割合はわずか3%。しかし人口はオーストラリアの中で2番目に多く、人口密度は一番高い州です。

州都のメルボルンは1850年代のゴールドラッシュ時期の面影を残しており、近年ではアートやカフェ、ファッション、スポーツなどオーストラリア文化の中心地として有名で「世界一住みやすい街」としても選ばれています

タスマニア州(TAS)

出典:タスマニア州を発見

州都:ホバート
人口:約50万人

オーストラリア本土からみて南東部に位置している離島で、オーストラリア最小の州です。本土からは飛行機やフェリーで移動します。1642年に探検家アベル・タスマンが訪問し、彼の名にちなんで命名されました。

気候は冷温帯性で夏でも涼しく、冬はかなり冷え込みます。全体の約36%が、国立公園や自然保護地域として認定されるほど自然豊かな地域で、タスマニアデビルやウォンバットなどの野生動物も有名です。

南オーストラリア州(SA)

出典:City of Adelaide

州都:アデレード
人口:約170万人

オーストラリアの中でも比較的日本に近い気候で、1年を通して過ごしやすい地域。

州都アデレートはオーストラリアで2番目に古い街で、「1人あたりのレストラン数がオーストラリアいち」と称されるほど、美食の街としても知られています。

オーストラリアワインの産地バロッサ・バレーが近いため多くのワイナリーを持ち、野生動物の宝庫のカンガルー島など、観光地も多くあります。

西オーストラリア州 (WA)

出典:City of Perth

州都:パース
人口:約260万人

オーストラリア最大の州で、本土の約3分の1を占めています。1年を通して温暖な気候ですが、その広大さゆえに地域によって気候が大きく異なり、州都パースは5~8月までが雨期、北部は12~2月が雨期にあたります

中心街は古い町並みと近代的な建物が融合し、市街地には豊かな自然が残っています。鉱業が盛んで、西オーストラリア州はオーストラリア鉱業収益の55%を有しています

2つの特別地区

首都特別地域(ACT)

出典:Visit Canberra

州都:キャンベラ
人口:約40万人

州都であり、オーストラリアの首都であるキャンベラは、首都を造るために建設された計画都市で、行政の中心地として機能しています。

オーストラリアいちとも言われる教育水準の高さを誇り、多くの研究機関が存在。歴史深い都市と自然が調和されています。

ノーザンテリトリー(NT)

出典:City of Darwin

州都:ダーウィン
人口:約20万人

オーストラリア北部に位置するの準州。州都ダーウィンは第2次世界大戦の戦場となった街で、日本との歴史的背景を持つ地域です。

自然豊かなオーストラリアの中でも国立公園が数多く存在し、世界最大の一枚岩として有名なウルル=カタ・ジュタ国立公園もあります。乾季(5~11月半ば)と雨季(11月後半~4月)の二季しかなく、1~3月の降水量は月間300mmを超えます。

オーストラリアの基本情報④ 時差(オーストラリア時間と日本時間の時差)

オーストラリアには3つの時間帯が存在します。

東部(QLD、NSW、VIC、TAS、ACT):+1時間
中部(SA、NT):+0.5時間
西部(WA):ー1時間

オーストラリアでは地域によってサマータイム(デイライト・セービング・タイム)が実施されています。夏は日照時間が長い時は14時間以上となり、それを利用して昼間の電力消費を抑えるために採用されています。期間中は実施地域の通常の時間に+1時間されます。

期間:10月の第1日曜日(2:00am)~3月の最終日曜日(3:00am)
実施地域:NSW、VIC、TAS、SA、ACT

オーストラリアの基本情報⑤ 歴史

ヨーロッパから移民が入植するまで、アボリジニなどのオーストラリアの先住民が地域ごとに異なる生活や文化、信仰を持って暮らしていました。

1770年にイギリス人のキャプテン・クックがエンデバー号で東海岸に上陸し、オーストラリアをイギリス領として宣言。イギリス人が入植し、流刑者を送り込みながらオーストラリアの植民地を6つに拡大させました。

1901年にイギリス議会は、6つの英国植民地を州とする連邦の成立を承認し、オーストラリア連邦が発足、自治国となりました

19世紀のゴールドラッシュに伴いアジア系の移民が急増したこともあり、先住民アボリジニ文化と西洋文化、アジア文化が調和した多文化国家が生まれました。

1956年にはメルボルン・オリンピック、2000年にはシドニー・オリンピックが開催され、多民族国家として成長して現在に至ります。

オーストラリアの基本情報⑥ 政治体制・内政

出典:国会議事堂

オーストラリアの政治は基本的に日本と同じ体制をとっていて、日本と同じく立憲君主制です。日本の天皇に当たる元首は、イギリス植民地時代の名残でイギリスのエリザベス女王をオーストラリアの元首としています。

連邦議会も日本と同じ二院制で、上院と下院に分かれています。上院には各州と特別区から選ばれた76人(12人/州と2人/特別区)が、下院には小選挙区から選ばれた150人が議員として議会に参加しています。オーストラリアは連邦制国家のため、連邦議会の立法権限は、憲法により外交、防衛,貨幣、通貨等の特定の事項に限定されており、そのほかの立法に関しては州が権限を持っています

現総理大臣は自由党のマルコム・ターンブル氏、現外務大臣は自由党のジュリー・ビショップ氏です。連邦議会内では自由党と労働党の二大政党制です。

オーストラリアの基本情報⑦ 経済

前述した通りオーストラリアの経済成長は25年間続いており、さらには、2017年度の国内総生産成長率(GDP Growth Rate)は2.4%で、今後も安定した経済成長が期待されます。

オーストラリアの主要産業は以下です。
第一次産業 2.2%:農林水産業(2.2%)
第二次産業 26.9%:鉱業(9.5%)、製造業(6.3%)、建設業(8.3%)、など
第三次産業 70.9%:卸売・小売業(9.1%)、運輸・通信業(8.0%)、金融・保険業(9.5%)、専門職・科学・技術サービス(6.2%)、など

またそのほかのデータは以下です。

GDP成長率

オーストラリアでの平均収入の上昇に伴い、2017年のGDP成長率は2.4%になりました。年々成長率は落ち着いてきているものの、安定して成長することが見込まれています。

出典:オーストラリア準備銀行「金融政策に関する声明」 – 2018年2月6.経済見通し

 

消費者物価上昇率

消費者が財またはサービスを購入する段階での物価変動を示す消費者物価指数は、オーストラリアでは2016〜2017年の間で1.9%上昇しました。こちらも平均収入や雇用率の上昇により、今後も上昇することが予想されます。

出典:Australian Bureau of Statistics – 「Consumer Price Index, Australia,」Mar 2018

平均所得/週(フルタイム)

2016年11月〜2017年11月の一年間で平均2.3%上昇しており、こちらも経済成長に伴い年々上昇しています。

出典: Australian Bureau of Statistics- 「Average Weekly Earnings, Australia,」Nov 2018

 

失業率

2018年4月現在の失業率は5.5%となっており、前年の同時期の失業率(5.8%)と比べると減少傾向にあります。

グラフ左:オーストラリア国内雇用人数、グラフ右:失業率

出典:Australian Bureau of Statistics- 「 Labour Force, Australia」Jan 2019 

 

貿易国、貿易量、主要貿易品目

1)中国
輸出額:AU$93,040,000,000
輸入額:AU$62,120,000,000
総貿易額:AU$155,160,000,000

2)アメリカ
輸出額:AU$20,657,000,000
輸入額:AU$43,626,000,000
総貿易額:AU$64,283,000,000

3)日本
輸出額:AU$38,505,000,000
輸入額:AU$22,534,000,000
総貿易額:AU$61,039,000,000

 

主な取引品目

輸出:鉄鉱石(16.3%)、石炭(12.8%)、教育関連旅行サービス(6.7%)

輸入:個人旅行サービス(8.4%)、乗用車(6.3%)、精製油(4.3%)

オーストラリアの基本情報⑧ オーストラリアと日本の関係

地理的に近いこともあり、経済や政治、文化など多面的に良好な関係を築いているオーストラリアと日本。特に文化面では、オーストラリアの日本語学習者が2015年には約36万人にものぼり、小学校から第二ヶ国語科目として日本語教育を取り入れる学校も年々増えています。また日本の地方自治体とオーストラリアの間では109の姉妹都市提携がされています。

経済面では、上記の通りオーストラリアからの日本への輸出額が3番目に多く、総貿易額は日本円で約5兆550億円です。日本から見て最大貿易相手国のひとつであり、戦略的パートナーであるオーストラリアとは、2015年から日豪経済連携協定を結んでいます。この協定はエネルギーや鉱物資源、食料の安定供給を強化を目的としています。

そのほかの日豪間条約・取極は以下です。

航空協定(1956年)、通商協定(1957年、改正1964年)、漁業協定(1968年)、査証取極(1969年)、租税(所得)協定(1970年、2008年)、原子力平和利用協力協定(1982年)、文化協定(1976年)、友好協力基本条約(1977年)、200海里漁業協定(1979年)、科学技術協力協定(1980年)、渡り鳥等保護協定(1981年)、租税条約(改正、2009年)、社会保障協定(2009年)、物品役務相互提供協定(2010年,2017)、情報保護協定(2012年)、防衛装備品及び技術の情報に関する協定(2014年)、経済連携協定(2015年)

オーストラリアの基本情報⑨ 言語・民族

出典:Australian Bureau of Statistics- 「Census of Population and Housing: Australia Revealed」2016 

オーストラリアは、人口の約半分がオーストラリア以外の国出身、または少なくとも両親のうち1人が海外出身という多民族国家です。

おおよそ200カ国の人々がオーストラリアで生活しており、それに伴い公用語である英語以外の言語を話せる人口も多くなっています。オーストラリアの全人口のうち8.3%が北京語、3.5%が広東語、3.1%がベトナム語を家庭内の言語として話されています。さらに、オーストラリア生まれの家庭でも12カ国語が使われており、その多文化・多民族国家ぶりが見てとれます。

オーストラリアの基本情報⑩ 教育システム

オーストラリアでは日本でいう小学一年生(Year 1)から高校一年生(Year 10)までが義務教育です。さらに大学や専門学校に進学を希望する場合は、そのまま日本でいう高校二年生(Year 11)に進みます。

オーストラリアの教育システムは3つに分かれています。プライマリースクールと呼ばれる小学校は通称キンディ(Kindergarten)と呼ばれる幼稚園生から小学6年生(Year 6)までの教育。中学校一年生(Year 7)から高校一年生(Year10)はセカンダリースクールと呼ばれ、高校二年生(Year 11)と高校三年生(Year 12)はシニアセカンダリースクールと呼ばれています。また新年度は1月から始まります。

またオーストラリアでハイスクール(High School)と呼ばれる学校は基本的に中学校一年生から高校三年生までの教育をしている学校のことを指します。

オーストラリアでは専門学校や大学、大学院への進学も多く、オーストラリアに住む20歳から60歳の約62%が専門学校以上の高等教育を受けています

オーストラリアの基本情報⑪ 休暇期間(スクールホリデー)

オーストラリアは、他国と比較しても長期的な休暇を取得する文化が根付いていると言われています。小学校・中学校・高等学校では、州ごとに4ターム(学期)の授業期間が定められ、それぞれのターム間に設けられている休暇期間(スクールホリデー)に合わせて休暇を取るオーストラリア人が多いです

2018年度のオーストラリア全土に共通するスクールホリデー期間を表にまとめました。スクールホリデー④が、いわゆるサマーバケーションと言われる夏季休暇期間にあたります。

スクールホリデー① 4月14日(土)~4月29日(日)
スクールホリデー② 7月7日(土)~7月15日(日)
スクールホリデー③ 9月29日(土)~10月7日(日)
スクールホリデー④ 12月22日(土)〜2019年1月28日(月)

※ホリデー①に関しては州ごとに時期が大幅にずれているため、最も多くの州に共通する時期を記載。

オーストラリアの基本情報⑫ チップ

米国では一般的なチップですが、オーストラリアでは払わないことがほとんどです。しかし、お店のサービスが良かったり、ホテルなどでルームサービス等の特別なサービスを受けた場合は、気持ちとして渡す場合があります。

オーストラリアの基本情報⑬ 名物・お勧め料理

オーストラリアの国民食であり、名物なのがミートパイ。オーストラリアの街を歩いていると、さまざまな場所にミートパイのお店を見つけることができます。また定番のティムタムやベジマイトもオーストラリアの家庭でよく食べられています

おみやげにオススメなのがオーストラリアワイン。オーストラリアならではの広大な土地を生かし作られたワインは生産量・輸出量ともに世界トップクラスです。特に代表的な品種はシラーズです。

オーストラリアの基本情報⑭ 電圧・周波数・プラグタイプ

オーストラリアの電圧・周波数・プラグタイプは以下です。
電圧:220~240V
周波数:50Hz
プラグタイプ:I(O)タイプ

電圧とプラグタイプが日本とは違うので、日本の電化製品を使用したい場合は、変圧器または変換プラグが必要になります。

オーストラリアの基本情報⑮ 飲み水

オーストラリアの水道水は基本的に飲むことができますが、地域によって水の硬度が変わったり、水道水ではなく地下水やタンクに貯めた雨水を使用している家庭もあります。

心配であれば一度沸騰させたり、ミネラルウォーターを購入した方がよいとされています。

 

以上がオーストラリアの基本情報です。オーストラリアへの進出を考える際には以上の情報を考慮すると、よりオーストラリアの現在、そして未来の姿を理解することができると思います。

 

参照外務省オーストラリア統計局内閣総理大臣及び内閣のオーストラリア政府部門オーストラリア連邦議会

まずはお問い合わせください!

オーストラリア国内にて様々なマーケティング分野で仕事経験を積み上げてきた私たちが、日豪の文化・市場の特性を理解した現地に密着しているからできる効果的なプロモーションを提供いたします。
シドニーを拠点に、東京でのサポートもさせていただいております。
お気軽にご相談ください。

SNS

関連する記事

コメントを残す