MEDIA

G’Day Japan!

「G’Day Japan!」は、日本の魅力を広く紹介することで多くのオーストラリア人に“ジャパン・ファン”になってもらうことを目的としています。

 

 G’Day Japan! ハンドブック

オーストラリア人に大人気のスキーリゾートの情報をはじめ、その他観光情報、グルメ情報、文化や最新のプロダクトなどをフィーチャーする英語情報ハンドブックです。

■G’Day Japan!(2006年~2017年)
■発行日: 毎年7月(年刊行)
■部数:5万部
■体裁:A5判
■主な配布先:

  • スキー&スノーボード愛好者が集まるスポットやイベント
  • スキーリゾート、スキー用品店、スノー・トラベル・エキスポ(スキー博)など
  • 日本好きが集まるスポットやイベント
  • 日本食レストラン、日本食料品店、日本祭りなど
  • 旅行好きが集まるスポットやイベント
  • 旅行代理店、航空会社、トラベル・エキスポ(旅行博)など
  • 日本政府関係機関
  • 日本総領事館
  • JNTO(日本政府観光局シドニー事務所)
  • JETRO(日本貿易振興機構)
  • The Japan Foundation(国際交流基金)
  • CLAIR(自治体国際化協会)

 

 

G’Day Japan! デジタル版

PCやタブレット端末から閲覧できる雑誌のデジタル版です。エリアを問わずオーストラリア全国のオーストラリア人にリーチでき、年間約1万の閲覧数があります。雑誌に掲載されている情報をそのままデジタル化しています。

 

G’Day Japan! ウェブサイト(2009年~現在)

スマートフォンやタブレット端末からのアクセスを意識したデザインと機能性を重視し、2015年9月にリニューアルオープンしました。日本が大好きなオーストラリア人を中心に年間約3万人のユーザーに利用されています。

www.gdayjapan.com.au

 

G’Day Japan! ニュースレター

オーストラリア全国の日本ファンのオーストラリア人に向けて、定期的に日本に関する情報をメールでお届けしています。2017年12月時点の会員数は約22,000人です。

 

G’Day Japan! Facebook

オーストラリア全国の日本ファンのオーストラリア人に向けて、随時日本に関する情報を投稿しています。2017年12月時点のファン数は約16,000です。

www.facebook.com/gdayjp/

 

利用者属性

■性別:男性:48%、女性:52%

 

■年齢:20-29:28%、30-39:28%、40-49:20%、50-59:15%、60以上:7%、20未満:2%

■居住地:NSW州:41%、VIC州:26%、QLD州:16%、WA州:7%、SA州:5%、ACT州:3%、TAS州:1.5%、NT州:0.5%

 

■年収:$70,000-$100,000:22%、$50,000-$70,000:21%、Below $30,000:20%、$30,000-$50,000:19%、$100,000-$150,000:13%、Above $150,000:5%

 

■利用しているSNS:Facebook:40%、YouTube:20%、Instagram:19%、Twitter:12%、Other:5%、Blog:4%

SNS