NEWS

【海外PR戦略】オーストラリアの主要ニュースメディア -新聞編-

By SCP編集部 in オーストラリア基本情報

商品やサービスなどを多くの人に認知してもらうPRの方法として、テレビや新聞といったマスメディアに取り上げてもらうことを思い浮かべる人は多いと思います。近年、新聞オンライン配信への移行が急速に進んでいるのは周知の事実ですが、オーストラリアのメディア評価機関 Enhanced Media Metrics Australia(以下emma)は、「14歳以上のオーストラリア人口の約90%は紙面・ウェブいずれかを経由しニュースを購読・閲覧している」というデータを発表しています。

オーストラリアにおいて、新聞メディアの情報拡散力は依然として大きく、かなりの数の新聞メディアが存在しますが、大まかにフェアフックス・メディア(Fairfax Media Limitedニューズ・コープ・オーストラリア(News Corp Australiaの2社に加え、TVを主に扱っているセブン・ウエスト・メディア(Seven West Mediaが業界全体を独占しているのが現状です。

その他にも、多人種国家であることから多くの言語の新聞が発行されていますが、メディア分析機関のemmaが2019年9月に発表している発行部数・閲覧者数の多い代表的な新聞メディアご紹介します。

emma(Enhanced Media Metrics Australia):オーストラリアにおけるメディアのユーザーインサイトに関する調査を行っている、メディアの分析機関。非営利団体 IAB (The Interactive Advertising Bureau)にも裏打ちされたIpsos・Nielsen Digitalデータを基にしており、国内600以上の新聞・雑誌のデータを提供している。

 

フェアファックス・メディア(Fairfax Media)の運営メディア

Fairfax Media Limitedは、オーストラリアにおける最大のメディア企業のひとつで、1841年にシドニー・モーニング・ヘラルド(Sydney Morning Herald)を買収したジョン・フェアファックス氏が創業。新聞・雑誌・ラジオ・デジタルメディア等、メディアに事業を幅広く展開しており、最近では不動産サービスドメイン(Domain)への出資や、オンラインストリーミングサービススタン(Stan)、アメリカの ハフポスト(Huffpost)といった新規事業にも関わっています。2018年には同じくメディア最大手企業のナイン・エンターテイメント(Nine Entertaiment Co. )と合併したことで話題になりました

シドニー・モーニング・ヘラルド(Sydney Morning Herald)

 

年間発行部数は100万部、約570万アクセス数*、総読者数ナンバーワンのニュースメディアです。1831年に創刊されたオーストラリアでは最古の新聞で、発行拠点をシドニーに置いています。
月曜~土曜日の週6日、国内ではノーザンテリトリー以外の州で販売されており、国外ではニュージーランド、ロンドンのオーストラリア大使館でもコピーが配布されています。

新聞自体は政治がメインで、歴史的には保守派に分類されますが、現在は中立的な立場を示しています。本新聞をはじめ、フェアフックス・メディアのその他中央紙のロゴには「Independent. Always」というサブタイトルが付いており、どこにも肩入れしない、フェアなジャーナリズムであるスタンスを強く打ち出しているようです。

また、日本に関する記事は社会的意義を持つテーマに絞って取り上げられています。

【公式サイト】Sydney Morning Herald 

出典:Sydney Morning Herald

ジ・エイジ(The Age)

メルボルンを拠点に半年間の発行部数は約7万4,360部、約208万アクセス数を誇る、シドニー・モーニング・ヘラルドに次いで読者数2位の新聞です。

1854年にメルボルンにて創刊。ビクトリア州以外では、南オーストラリア、タスマニア、首都キャンベラを含むオーストラリア連邦首都特別区、南オーストラリア、ニューサウスウェールズの一部でも発売されています。市民の自由権利の拡大を謳っており、歴史的にはリベラル派に分類されます。1983年にフェアフックス・メディアに買収され、シドニー・モーニング・ヘラルドと寄稿者を共有しています。

【公式サイト】The Age 

出典:The Age

ファイナンシャル・レヴュー(Financial Review)

主にビジネスと金融を取り扱っているニュースメディアです。半年間の発行部数約3万9,834部、読者は250万人に上ります。1951年に創刊され、週刊として発行されていましたが、1963年以降、日刊紙(週6日)として発行されています。1970年以降は、経済自由主義の立場に立ち、コラムでは幅広い立場からの意見を取り上げています。

購読者の65%が男性、42%が世帯収入12万ドル以上と、高所得なビジネスマンが主な読者層となっています。高所得なビジネスマンが主な読者層となっています。

 

【公式サイト】Financial Review

出典:Financial Review

フェアファックス・メディアのその他ニュースメディア

キャンベラ

クイーンズランド州

ニューサウスウェールズ州

西オーストラリア州

その他のWebメディア

その他、フェアフックス・メディアはニュースメディアだけでなくライフスタイルをテーマにしたウェブメディアも複数運営しています。
全体的に、紹介されている物の価格帯が高めに設定されており、高所得者を対象としていることが伺えます。

  • Good Food 国内主要都市のレストランやカフェ、バーの情報。
  • Domain 物件情報。オーストラリア全域の物件を掲載。
  • Traveller 旅行情報。東京はTop Destinationとして紹介されている。
  • Executive Style スーツや革靴、高級車、飛行機のビジネスクラスの情報等、エグゼクティブなど男性を対象にしたサイト。
  • Essential baby 子供を育てる親(特にママ)向けに、出産から教育方法に至るまで情報を配信。

 

ニューズ・コープ・オーストラリア(News Corp Australia)の運営メディア

ニューズ・コープ・オーストラリアは、新聞、雑誌、インターネット、映画/テレビ製作、マーケットリサーチ、DVD・フィルム配給など幅広い事業を手掛けるオーストラリア最大のメディア会社のひとつです。現在はアメリカ・ニューヨークに本社を置くニューズ・コープ(News Corp傘下にあり、元々は1923年、アデレードにてニューズ・リミティッド(News Limited)※の名称で ジェームズ・エドワード・ビッドソン(James Edward Davidson氏によって創立された会社です。その後、1979年にニューズ・コープ・オーストラリアとなり、組織改編を経て現在に至っています。

運営メディア数はかなりの数に及び、新聞(紙媒体)だけでも年間で1230万部購読されており、オーストラリアのメディア業界におけるガリバー的な存在です。

出典:News Corp Australia

(※)会長:ルパー・マードック(Rupert Murdoch)氏

デイリー・テレグラフ(Dairy Telegraph)

半年間の発行部数22万1,641部、約430万のリーチ数を保有する、ニュースメディアです。

シドニーにて1879年に創刊されたメディアです。タブロイド紙なので芸能やスポーツ記事なども多く取り扱い、シドニー・モーニング・ヘラルドよりもカジュアルでとっつきやすい印象ですエスケイプ(ESCAPE)という旅行記事に関するページがあり、日本を人気旅行先のひとつとして紹介しています(2019年1月現在)。

 

【公式サイト】The Daily Telegraph 

出典:The Daily Telegraph

ヘラルドサン(Herald Sun)

デイリー・テレグラフとほぼ同数の半年間の発行部数約30万6,571部、約410万のリーチ数を誇り、デイリー・テレグラフのメルボルン版として発行されているニュースメディアです。

1990年に、タブロイド紙である  サン・ニュース・ピクトリアル(The Sun News-Pictorial )と、その姉妹紙の夕刊紙ヘラルド(Herald )の統合により誕生。タスマニア州、首都キャンベラを含むオーストラリア連邦首都特別区、南オーストラリア州、ニューサウスウェールズ州の一部でも販売されています。

デイリー・テレグラフほぼ同じ記事が掲載されてますが、「The Best of Melbourne」というページがあり、メルボルンでおすすめのエンターテイメントやレストラン・カフェを紹介しています

【公式サイト】Herald Sun 

出典:Herald Sun

オーストラリアン(The Australian)

半年間の発行部数約9万4,448万部、約350万リーチ数で第3位、オーストラリア唯一の全国紙です。1964年にキャンベラで創刊され、その後シドニーへ拠点を移しました。

新聞メディアとして立ち位置はフェアフックス発行のファイナンシャル・レヴューと似ており、金融や政治、社会問題に関する記事をメインに取り扱っています。また、同じニューズ・コープ傘下にあるイギリスのタイムズ(The Timesやアメリカのウォール・ストリート・ジャーナル(The Wall Street Journal)の記事も掲載されることがあります。

 

【公式サイト】The Australian 

出典:The Australian

ニューズ・コープ・オーストラリアのその他ニュースメディア

クイーンズランド州

南オーストラリア州

ノーザンテリトリー州

タスマニア 州

 

セブン・ウエスト・メディア(Seven West Mediaの運営メディア)

オーストラリアの2大メディア企業としてはフェアフックス・メディアニューズ・コープ・オーストラリアが挙げられますが、人気民放局「Channel Seven」でお馴染みのセブン・ウエスト・メディアも存在感を放っているメディア企業です。

同社は放送事業が中心ですが、西オーストラリア州・パースでは新聞も発行しています。

 

スト・オーストラリアン(The West Australian)

半年間の発行部数12万8,365部読者数約100万人*を誇る西オーストラリアナンバーワンのニュースメディアです。日刊紙として1833年に創刊された、オーストラリア国内でも2番目に新聞社です。国際・国内ニュースを始め、ローカルニュース・飲食店やエンターテイメントなど幅広く紹介しています。

【公式サイト】The West Australian  

出典:The West Australian

セブン・ウエスト・メディアのその他ニュースメディア

  • サンデー・タイムズ(Sunday Times ):パースで発行される日曜日紙です

画像引用先:Mumbrella 

  • Perth Now :Sunday Timesのウェブ版:

以上がセブン・ウエスト・メディアが運営しているメディアです。ウエスト・オーストラリアン、サンデー・タイムズの2紙ともも数回の買収を経て、最終的にニューズ・コープ・オーストラリア傘下にあったものを、セブン・ウエスト・メディアが買い取ったかたちで現在に至っています。

出典:Roy Morgan “Newspaper Cross- Platform Audience, 12 months to September 2019”Mumubrella”ABCs: Newspaper circulation suffers across the board with falls as large as 16%

 

 

この記事を書いた人:渡邉 玖実(わたなべ くみ)
福島県出身。大学在学中の米国への留学や世界各国へ旅した経験から、卒業後は総合商社へ就職。その後、PR業界へキャリアチェンジ。主に広報・PRに役立つ記事の執筆に励む。現在はシドニーのオーストラリア人宅でホームステイをしながら、オーストラリアライフを満喫中。趣味はトレッキング、キャンプ、海外旅行。

SNS

関連する記事

コメントを残す