BLOGS

「SMASH!(スマッシュ)2018」がシドニーのICCで開催!

By SCP編集部 in イベント/セミナー

アニメ、マンガ、ゲーム、コスプレなどが盛り上がりを見せるシドニーで、日本発のポップカルチャーの祭典「SMASH!(スマッシュ)2018」が、今年も7月14日(土)と15日(日)の2日間にわたって開催されました。

「SMASH!(スマッシュ)」は、アニメやマンガ好きの有志が集まり2007年に発足。第1回目はシドニーのニューサウスウェールズ州立大学で開催され、1000人規模のイベントとして産声をあげましたが、今では国境や業界の枠も飛び越えた、およそ2万人の来場者数を誇る人気イベントにまで成長を遂げました。年々の盛り上がりを受けて、12周年となる今年の「SMASH!(スマッシュ)2018」は、会場をシドニーのシティ中心部にある国際展示場ICC(インターナショナル・コンベンション・センター)に移し、過去最大規模での開催となりました。

会場のICCは12ものエリアに分けられ、コスプレ関連グッズやアニメデザイン、イラストの販売や展示などが並ぶアーティストマーケットは、日系関連をはじめ50以上のブースが並び、会場の中心部として賑わいを見せていました。

「SMASH!(スマッシュ)2018」の協賛として参加した「Japan Foundation Sydney(ジャパン・ファウンデーション・シドニー)や、「日本航空(Japan Airlines)」、「日本政府観光局(JNTO)」のブースには、熱心に最新情報を収集する多くのオーストラリア人が集まり、観光地としての日本の人気ぶりが改めてうかがえました。

メインステージでも、例年に違わぬ人気イベントが繰り広げられました。日本を含め国内外から有名声優やクリエイター、コスプレイヤーをゲストに迎え、Q & Aセッションやコスプレコンテスト、日本の「JOYSOUND」を使ったカラオケ大会などが繰り広げられ、それらを目当てに多くの来場客が集まりました。

シドニーのタウンホールにあるチーズケーキ店「Uncle Tetsu」で活動し、オーストラリア国内でファンを増やす日本人アイドルグループ「AGS102」は、華やかなパフォーマンスで完成度の高いステージを披露。日本のファンさながら、ペンライトを持ったオーストラリア人ファンが大勢で会場を盛り上げる様子が印象的でした。

その他、ミニステージやアニメラボシアターでは、日本のアニメ作品やファン自作のアニメミュージックビデオなどが終日上映され、それらのキャラクターに扮したコスプレイヤーたちを中心にスクリーンに見入る人々で賑わいました。トリビアゾーンでは、人気アニメ、マンガ作品に関するクイズ大会も開催され、アニメ、マンガファンが一問一答に挑戦するなど、様々なかたちで日本のポップカルチャーを楽しむオーストラリア人たちの姿に驚きを隠せませんでした。

オーストラリアにおけるアニメ、マンガといった日本のポップカルチャーは、日本文化に触れる入口としてますます存在感を増しています。今や世界各国で開催されるマンガ・アニメ関連イベントの中でも、屈指の存在としてここシドニーで成長してきた「SMASH!(スマッシュ)」は、想像以上の人気ぶりでした。オーストラリアにおけるコスプレ、アニメ、マンガ関連グッズの市場も活発で、日本の魅力発信に絶大な影響を与えている様子が「SMASH!(スマッシュ)2018」に垣間見ることができました。

「SMASH!(スマッシュ)2018」コスプレイヤースナップ

HollyとAbby姉妹によるコスプレイヤーコンビ。「SMASH!(スマッシュ)2018」は『鋼の錬金術師』登場キャラクターのコスプレで初参加。現在日本での大阪旅行を計画中。和食が楽しみ、とのこと。

『僕のヒーローアカデミア』のキャラクターのコスプレを楽しんだというグループの中には、コスプレへの興味をきっかけに日本を訪れたことがある人も。「日本文化の伝統的な側面にも触れたい!」と笑顔で語る。

ビデオゲーム『大神』のアマテラス・オオカミというキャラクターのコスプレ。剣から着物まですべて手作りのコスチューム。日本の神社や伝統的な文化が感じられる場所に興味あり。

「SMASH!(スマッシュ)」初参加の高校生コスプレイヤー。コスプレは始めたばかりというものの、完成度の高い『進撃の巨人』のリヴァイのコスプレを披露。いつか日本に行って、コスプレのイベントに参加したいとコメント。

「SMASH!(スマッシュ)2018」ではアーティストマーケットにブースを出展し、自作のイラストやキャラクターの人形を販売。日本のカワイイものが好きで、日本を訪れた際はショッピングを楽しんだそう。今回はロリータファッションで来場。

過去にも何度か「SMASH!(スマッシュ)」に参加経験あり。趣味でコスプレイヤーとして活動。今回はブースを出展している友達とのペアルックでコスプレを楽しむ。

「SMASH!(スマッシュ)」参加2回目にして、ブース初出展。両日共に忙しく、手作りのアイテムが続々売れたそう。写真のコスプレは日本のマンガ『東京ミュウミュウ』の桃宮いちご。

乙女ゲーム『アルカナ・ファミリア』のコスプレに2人組で挑戦。京都の舞妓さんやお寺に興味があり、「この1年以内には日本に行きたい!」と意気込む。

写真左の彼は、日本語で流暢に話しかけてくれるほどの日本好き。剣道修行ので訪日予定あり。写真右の彼は、日本を訪れてたくさんのコスプレイヤーとつながりたいと語る。

叔母と姪のコスプレイヤーコンビ。今回が2回目の参加。姪っ子さんは『犬夜叉』、叔母さんは本物の着物で芸者のコスプレにチャレンジ。

アニメ『ギルティクラウン』から楪いのりと、マンガ原作アニメ『小林さんちのメイドラゴン』から小林カンナのコスプレで参加。コスプレ歴は3年ほど。日本を訪れた際は温泉や和食を満喫したそう。

取材・文:村上 紗英

まずはお問い合わせください!

オーストラリア国内にて様々なマーケティング分野で仕事経験を積み上げてきた私たちが、日豪の文化・市場の特性を理解した現地に密着しているからできる効果的なプロモーションを提供いたします。
シドニーを拠点に、東京でのサポートもさせていただいております。
お気軽にご相談ください。

SNS

関連する記事

コメントを残す