NEWS

オーストラリア市場で効果的なウェブメディア

By SCP編集部 in オーストラリアプロモーション/マーケティング

訪日外国人が増える日本では、インバウンド事業が盛んに取り組まれています。昨今の注目国はオーストラリア。さまざまな統計からオーストラリア人の旅行動向である「長期滞在」「高額支出」が浮き彫りになり、オーストラリア人を呼び込もうとさまざまなプロモーションが仕掛けられています。

特に、世界中における急速なIT化により、マーケティングにおいて必須となっているウェブメディアは、世界中に情報を効果的に発信できるツールとしてその地位を確立しており、ウェブメディアを使ったプロモーションは欠かせません。

ウェブメディアとは、インターネットを通して情報を発信するもので、その役割や種類は多岐に渡ります。

また、日本のウェブメディアとオーストラリアのウェブメディアでは、利用のされ方には大きな違いがあるため、その国に合ったアプローチが必要です。

そこで本記事では、オーストラリア市場の効果的なウェブメディアの活用方法をご紹介します。

オーストラリアのウェブメディアの現状

世界で最も成功している統計データベースの1つ、スタティスタ(statista)によると、昨今のオーストラリアでは、全人口に対しインターネット利用者は9割近くを占めています。グラフから今後もこの割合は維持され、インターネットはオーストラリア人にとって欠かせないツールであり続けると予想されます。

オーストラリアのインターネット利用者

Active internet users as percentage of the total population in Australia from 2015 to 2018

また、世界各国に支社を持つ、ソーシャルメディアを専門とした広告会社ウィーアーソーシャル(we are social)によると、2019年のオーストラリア人の1日のインターネット平均利用時間は5時間4分、ソーシャルメディア平均利用時間が1時間31分とあり、1日の4分の1以上の時間をオンラインに費やしています。

参照元:DIGITAL 2019: AUSTRALIA SOCIAL MEDIA USAGE IS GROWING

オーストラリアには、以下のような多種類のウェブメディアが存在します。

  • 1次メディア・・・新聞社や放送局が配信しているもの(ニュースサイト)
  • 2次メディア・・・1次メディアの情報を解説、集約したもの(ポータルメディア)
  • オウンドメディア ・・・各企業が自社で所有するメディア(企業のホームページ、ブログ、SNSなど)
  • CGM(Consumer Generated Media)・・・誰でも記事を作成し、公開できるメディア(口コミサイト、SNS、ブログなど)

オーストラリアでよく使用されているウェブメディア

ここでは、オーストラリアでよく利用されているウェブメディアをいくつかご紹介します。

ニュースサイト

It’s official: Most Australians now visit news or newspaper websites

オーストラリアのマーケティングリサーチ会社であるロイ・モーガン・リサーチ(Roy Morgan Research)の発表によると、2017年4月から2018年3月にかけて最も閲覧者が多いニュースサイトはnews.com.au。4週間で平均5,859,000回閲覧されています。

続いて閲覧数が多かったのは、Sydney Morning Herald(SMH)で5,334,000回。その次はAustralian Broadcasting Corporation News(ABC News)の5,049,000回となり、上位3つはすべて500万回以上と高い数値を示しています。

オーストラリアの主要メディアが保有するニュースサイトについては、別の記事でも詳しく紹介しているのでご参照ください。

【海外PR戦略】オーストラリアの主要ニュースメディア -新聞編-

ソーシャルメディア

ウェブメディアの中でも昨今急速に成長しているソーシャルメディアにはさまざまな種類があり、各国で独自のサービスも存在します。日本とオーストラリアでは、主要なソーシャルメディアは似たようなものですが、利用のされ方には違いがあります。

以下は、オーストラリアのソーシャルメディアコンサルティング会社「ビビッドソーシャル(Vivid Social)」が運営するSocial Media News Blog Australiaのオーストラリアにおける主要ソーシャルメディアの統計(2019年6月)です。

Social Media Statistics Australia – June 2019

  1. Facebook – 15,000,000 Monthly Active Australian Users (steady)
  2. YouTube –   15,000,000 Unique Australian Visitors per month (UAVs)
  3. Instagram – 9,000,000 Monthly Active Australian Users (FB/Instagram data)
  4. WhatsApp – 7,000,000 Active Australian Users (Snapchat data)
  5. Snapchat – 6,400,000 Monthly Active Australian Users (Snapchat data)
  6. WordPress – 5,800,000
  7. LinkedIn – 5,500,000 Monthly Active Australian Users approx
  8. Twitter – 5,300,000 Monthly Active Australian Users approx
  9. Tumblr – 3,700,000
  10. Tinder – 3,000,000 Australian users (my estimation)
  11. WeChat – 2,900,000 Monthly Active Australian Users approx – (my estimation)
  12. TripAdvisor – 2,800,000
  13. Yelp – 1,500,000
  14. Blogspot – 1,200,000
  15. Flickr – 450,000

オーストラリアでは、Facebook、YouTube、InstagramのSNS(Social Networking Service)が多くのユーザーを保有しています。
※今回、動画共有サイトであるYouTubeは動画の評価やコメント、シェア、個人のホームページへの貼り付けが可能な観点からSNSとしています。

日本では利用率の低いFacebookが、オーストラリアで最も利用されているソーシャルメディアとなり、オーストラリアのソーシャルメディアについてまとめたSensis Social Media Report 2017によると、その利用者は94%と最も多くのオーストラリア人に利用されています。

その理由は、家族、親戚、友人など自分に近い人の近況を知りたい、自分の近況をシェアしたいという思いが背景にあること。そのため、他のSNSに比べて親密度の高いつながりを中心とするFacebookに人気が集まり、利用率が高くなっています。

また、YouTubeInstagramといった映像や画像を主としたSNSは、日本でも非常に人気がありますが、オーストラリアでも同様。今後さらなる成長が期待できるサービスとして注目が集まっています。

YouTubeやInstagramは、文字を使わなくても映像や画像を通して地域の魅力を伝えることができるため、インバウンドプロモーションではフル活用することをおすすめします。

オーストラリアのSNSについて、より詳細をまとめた記事があるので参考にしてください。
オーストラリアのSNSとソーシャルメディアマーケティング

オーストラリア人のウェブメディアの使い方

オーストラリア人がウェブメディアを利用する目的は、情報収集。その情報は多種多様であり、日々のニュースから些細な疑問に渡るまでさまざまです。

Which of the following is your most frequently used mechanism to get news?

上記のグラフ(統計データベースStatistaの2016年の調べ)から、ウェブメディアは、オーストラリアにおけるニュースの情報を得るうえで、使用頻度の高い情報元として大きな割合を占めていることがうかがえます。

その割合は、テレビのニュース視聴率36%を上回る38%(※)。ウェブメディアは、オーストラリア国内で大きなメディアとして成長していると言えます。
※内訳:デジタル版新聞14%、ソーシャルメディアサイト18%、新聞社以外のオンラインニュースサイト6%

Leading sources used by consumers to find information about organics in Australia in 2018

さらに、オーストラリア人がオーガニックについての情報を見つける際に使用した上記の統計では、テレビや新聞、雑誌に比べ、ウェブメディアの利用が高い割合を占めています。

特に、7割以上のオーストラリア人が情報を得る際にGoogleを利用していることから、ウェブサイトはオーストラリア人にとって大きな情報源であることが理解できます。

このことから、ウェブメディアへのアクセス数や閲覧数も必然的に高いと判断でき、オーストラリア人へ向けたプロモーションにウェブメディアは不可欠なツールとなります。

オーストラリアにおける効果的なウェブマーケティング方法

オウンドメディアマーケティング

オウンドメディアとは、「自社で運営・情報発信を行うメディア」のことです。

オーストラリア向けにオウンドメディアマーケティングを実施していく1例としては、ペルソナを「訪日に興味のあるオーストラリア人」と設定することができます。

  • 英語での作成
  • 訪日観光客にとって有益な日本情報(自然、アクティビティ、イベント、グルメ)

これら2つのポイントは掲載必須です。そして、訪日観光客にとって有益な情報は国民性に大きく左右されるため、その国に住む人々の趣味嗜好に合った情報を発信していくことが大切です。

オーストラリア人の場合は、訪日旅行の際、形に残る「モノ」よりも、体験などの「コト」に関する注目が高いことから、スノーリゾートの特集などが大きな人気を集めています。

また、沖縄県の観光情報を発信している情報サイト「VISIT OKINAWA JAPANも話題を呼んでいます。これは、沖縄観光コンベンションビューローが運営しているオウンドメディアで、閲覧数は月平均10万回、沖縄の外国人観光客誘致に大きく貢献しています。もちろん、オーストラリア人誘致にも影響を及ぼしています。

ペイドメディアマーケティング

ペイドメディアとは「企業が広告費等の費用を支払って掲載するメディア」のことです。ペイドメディアは情報が溢れている現代において、確実に潜在顧客に情報を届けることができるため、認知拡大において優れています。

オーストラリアはFacebook利用率が高いことから、Facebookに広告を打ち出すことは効果的と言えます。しかし、広告の内容自体がオーストラリア人の興味を引く内容でなければ期待した効果を得ることは難しいため、オーストラリア人の目に留まるような広告スタイルであることが重要です。

また、オーストラリア人が日本の情報を得るために利用しているサイトで大きく取り上げてもらうことは、より直接的で大きな効果が期待できます。

オーストラリアのメディアである、AWOLはオーストラリアの若者向けに旅行情報を発信している情報サイト運営会社です。毎月15万以上のサイト訪問数を誇り、AWOLはオーストラリアのトラベラーに、本当に必要な旅行情報のみを提供することで多くのユーザーを獲得しました。このウェブサイトに記事を載せることで多くのオーストラリア観光客に情報を発信することができます。

オーストラリアのインターネット広告についてはこちらもご参照ください。
オーストラリアで効果的にインターネット広告を運用する方法

アーンドメディアマーケティング

アーンドメディアとは、「消費者やユーザーが情報の起点となる ブログ やSNSなどのメディア」のことです。

オーストラリアにおけるアーンドメディアマーケティングの方法は、オーストラリアで人気のインフルエンサーを起用することが鍵となります。彼らはブロガー、インスタグラマー、ユーチューバーであり、さまざまな情報を日々発信し、多数のオーストラリア人を魅了しています。

オーストラリアの有名なブロガー・Michael Turtleは世界を旅するトラベルブロガーです。これまで61カ国を訪問し、850ものブログ記事をアップしています。日本への渡航と取り上げたブログ記事も多数。日本に対する理解が高いことで、日本の旅行関係者やインバウンド事業者から注目されているインフルエンサーの1人です。

See the world with me and go beyond the brochure

“私と共に世界を見て、パンフレットを超えた旅をしよう”をスローガンに、観光ガイドにはない、彼独自の視点からブログを執筆。多数のファンを持ち、ブログ訪問者数は月平均20万回と大きな発信力を持っています。

オーストラリアのインフルエンサーに関しては、こちらをご参照ください。
インフルエンサーマーケティングとは?

オーストラリアでウェブメディアが効果的に利用されている例

Facebook

オーストラリア・メルボルンに本社を構える大手旅行会社Intrepid Travelは、Facebookにおけるオウンドメディアマーケティングにより、多大な拡散力と旅行客を獲得することに成功しました。

現在、自社のFacebook登録者数約58万人、Instagram22万人に向けて、日々情報を発信しています。

成功した理由は、美しい自然、風景の写真にオーストラリア人が世界を旅したくなるようなフレーズを添えることで、彼らの旅行欲を駆り立てたことです。

Intrepid Travel Facebook

”Imagine this: You’re about to jump on a plane to a place you’ve never been before. Where are you heading?”
”これまで訪れたことのない場所を次々巡る想像をしてみてください。どこへ行きますか?”

オーストラリアで圧倒的利用者を持つFacebookで、体験重視といったオーストラリア人の性格を捉えた見事なマーケティングスタイルと言えます。

オーストラリア日系メディア『G’Day Japan!』

G’Day Japan!は、日本に興味があるオーストラリア人とオーストラリアに住む外国人へ向けた、日本の文化情報発信サイトです。日本の旅行、ライフスタイル、食、最新情報など、日本についてのあらゆる魅力的な内容を掲載しています。

G’Day Japan!は、年間30,000人のユーザーを誇るウェブサイト、約30,000人の日本に興味を持つオーストラリア人会員に向けたニュースレター18,500人以上のフォロアーをもつFacebookを運営しています。

さらに詳しい情報はこちらから
ーG’Day Japan!の基礎情報ー

 

以下にサザンクロス・プロモーションズがG’Day Japan!のリソースを活用した事例をご紹介します。

ロボットレストランの訪日観光プロモーション事例

東京都新宿区歌舞伎町にあるロボットレストランのプロモーションを手がけました。

  • G’Day Japan!ウェブサイト上での特集ページ掲載
  • G’Day Japan!ウェブサイト内でのバナー広告を実施

成果として、G’Day Japan!を介して、ロボットレストランのサイトを訪れたオーストラリア人は約5,000人と大きな反響を呼びました。

さらに詳しい情報はこちらから
ー東京都新宿区のエンターテイメント施設の集客プロモーションー

片品村の訪日観光プロモーション事例

こちらは、G’Day Japan!のリソースを最大限に活用した群馬県片品村のプロモーション事例です。

G’Day Japan!のサイトに情報を掲載するだけでなく、サイト内に置いて「懸賞キャンペーン」を実施しました。

G’Day Japan!のウェブサイト上で片品村への旅行が当たる懸賞を実施し、結果約5,500件の応募をいただきました。また、応募フォームに設けられた質問(性別、年齢、体験したいことなど)を通して、今後数年後のインバウンド事業における課題を見つけ出すこともできました。

さらに詳しい情報はこちらから
ー豪州市場向け片品村の認知度向上および販売促進を目的とした懸賞キャンペーンの実施ー

オーストラリアにおける効果的なウェブメディアまとめ

以上、オーストラリアのウェブメディアの種類やその活用方法について触れてきました。

  • インターネットユーザーがほぼ9割
  • ウェブメディアを情報収集として利用
  • ニュースサイトやFacebookの利用率の高さ
  • オーストラリア人インフルエンサーの起用
  • オーストラリア日系メディアーGday Japan!

自社の商品やサービスをオーストラリアへ売り出していく際、どのウェブメディアを利用するかの選択は大変重要となります。

また、実際オーストラリア人の目に触れ、顧客として獲得するにはウェブメディアの選択だけでなく、掲載内容の細部に渡るまでオーストラリア人を熟知した構成が欠かせません。

オーストラリアにおける効果的なウェブメディア活用にご興味のある方は、ぜひオーストラリア市場に精通したサザンクロス・プロモーションズにお問い合わせください。

 

この記事を書いた人:浜田哲平
石川県出身。大学の交換留学としてシドニー工科大学に在籍中。専攻は国際金融論やファイナンステクノロジー。趣味はバスケとスノーボード。オーストラリアでは凝ったパスタ料理にはまっている。

SNS

関連する記事

コメントを残す